セルジオメンデスが新作 - ゆりみそ@独身女のいつもの日記

ゆりみそ@独身女のいつもの日記

一人暮らしの日々の好きな事とか物とか。

音楽

セルジオメンデスが新作

投稿日:2006年1月24日 更新日:

車でラジオを流していたら、
セルジオメンデスが10年振りに新作をリリースと聞き、
早速アマゾンで探したら2月発売の予約を受付中、思わずポチっと予約。

Timeless
Sergio Mendes
B000AA4ML8
ポチっと予約してからクレジットを色々見たり、更に探すと 試聴も出来た。

あちゃーー。新作、というから新作を期待してたのだが
セルメンの過去の名曲をヒップホップ/R&B系のアーチストがカバーしただけ?
や、もちろんそれはそれで良い場合もあるのだが気分では無い。
と・・・トボトボとアマゾンに戻りポチっと予約を取り消した。

そこでふと、マイルスの最後の作品を思いだした。
マイルスは、生涯最後のリリースでHIPHOPのアーティストと共演をする。
時代的にトリップホップと呼ばれるちょっとジャズっぽいヒップホップが流行った頃だ。
Doo-Bop
Miles Davis
B000002LTU
天才マイルスの最後のリリース作。
アマゾンのレビューを見て思わず笑ってしまった。
以下引用。

>本作は楽しませてくれるが、リリース以来あからさまに批判されてきた。
評論家たちは、マイルスのような天才は古典的な曲(ようするに本作とはちがう音楽)でキャリアの幕を引くべきだと期待していたからだ

私も当時同じ思いでマイルスの最後の作品を聞いた。
ジャズなんて当時も今もわからないのに、何故か↑の批評家のように「そうでなきゃ!」と。

久し振りに聞いたマイルスの↑はカッコ良かった。クーール!

・・・でもセルメンの新作は買う気が失せました・・
スティービーワンダーの参加曲は良さそうだったが・・む~~ん。

さて。セルメンと言えば私の1枚はここからだった。
マシュ・ケ・ナーダ
セルジオ・メンデスとブラジル’66
B00006BGY6
マシュケナダッv

久々にこれも聴いて、当時の音で持ってないのが欲しくなった。
せっかく新譜CD買おうと思ったのにまた時代に逆行。
ラジオチェック・・真剣にしてみるか。ん。

レクタングル大

レクタングル大

ランキングリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

-音楽

Copyright© ゆりみそ@独身女のいつもの日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.