会社を辞めた事 - ゆりみそ@独身女のいつもの日記

ゆりみそ@独身女のいつもの日記

一人暮らしの日々の好きな事とか物とか。

仕事

会社を辞めた事

投稿日:2008年4月28日 更新日:

会社を辞めたことについて、
皆さんにたくさん暖かい応援をいただきました。

皆、色んな思いを抱えて、同じように悩みながら模索してるだな、
頑張ってるだな、ととても励みになりました。

ありがとうございます。

さて、ごはん日記に会社を辞めた経緯など書いたのですが
記事が数日に渡ったり、どんどん流れてしまい
トップページから来た方には意味がわからないのか、
「何で辞めたの?」とメールで聞かれる事もあったので
ここにまとめておきます。
(※メールフォームにも明記してますが、
 申し訳ないのですが基本的にお返事はしていません)

掲示板で皆さんとお話していて、
追記したいことも出てきたので一部引用しています。

節約するのは何のためか?

例えば

○借金返済のために
○欲しいものを買うために
○旅行に行きたい
○住宅ローンを払うために
○子供のために
○家族のために
○老後のために
○地球環境のために

理由は人それぞれだろう。
ただ漠然とした不安から貯金に駆り立てられている人も居るかもしれない。
理由も一つだけとは限らないかもしれぬ。

私の場合、理由は「借金返済」の為だった。※本サイト「借金完済しました」に詳細
しかし無事完済した後も節約を継続している理由は何なのか。
が、そもそも「完済しなければ!」と駆り立てられたのは何だったのか。

それは5年前、会社の某部門が無くなった時。
その時から私は「好きな事を仕事にしている」と言えなくなってしまった。
その時点で会社を辞めなかったのは「安定した給料を得るため」。
必死に計算した借金が200万近くもあったのだ。

それまで私は好きなことを仕事にしてこれた。(貧乏だったとしても)
自分に嘘をつくことなく、仕事に打ち込めた。
くだらないかもしれないが、それが自分のプライドだった。

それを無くした。

お金のために、私は会社に残る事を決意した。
この時点ですでに、借金を返し貯金して会社を辞めるつもりでいた。

が、お金の為とはいえ毎日嫌だ嫌だと仕事をするのは当然ながら苦痛だ。
移った先でも仕事に打ち込もう、好きになろう、楽しもうと努力した。
仕事があることに感謝しなければ、仕事は仕事だと割り切ろうともした。
自己啓発本も読み、自分の考え方を変えようともした。

が、その状態は逆に自分をどんどん卑屈にするだけだった。

色んな場面で迷うようになり、自分の意志に自信が持てなくなった。
こんな悩みは贅沢だ、自分が甘いだけだ、と毎日毎日思うのは
お前はだめな人間だ、と毎日自分に言い聞かせるようなものだった。
私はどんどん自分が嫌いになっていった。

その間、情熱の無さを隠すように必死に仕事をしていたら
いつのまにか責任がどんどん重くなり昇給していった。

そうこうしてるうちに当初の目的である借金完済も果たし、貯金も増えてきた。
すると今度はお金を失うのが怖くなってきた。
どんどん自分が保守的になるのがわかって、迷いも出てきた。
もうちょっと、あと少し、と今度はいくらあっても不安になる気がしてきた。

が、どうしてもこの会社にあと何十年も居る自分が想像がつかなかった。
ここは自分の居る場所じゃない、という違和感がどうにも何をやっても
5年間ずっと取れなかった。

結局、5年立っても私の考えは変わらなかったのだ。
結局、貧乏でもいいや、と。
他人の価値観で考えることは無い、
自分が嫌なら嫌でいいんじゃねえですかと。
お金も微々たる金額だけれども、
いける!と思うところまで貯まったじゃないか。と。

そしてやっと会社を辞めた。

迷いも出たが、5年前の計画をやっと遂行できた事になった。
当然、先の事も十分考えた上だ。あとは動くのみ。
考える時間だけは5年間もあったのだから。

さーーーしばし休憩の後・・・!

-------------------------------------------

と、何やらとても重く真面目に書いてます。
本当はさらっと書きたかったのですが
書いてるうちに重くなってしまいました。笑

会社を辞めて1ヵ月過ぎましたが
今、急速に自分を取り戻しています。
まるで自分自身をデフラグしてるような、そんな感じです。

v前に進むのみv頑張りますv

レクタングル大

レクタングル大

ランキングリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

-仕事

Copyright© ゆりみそ@独身女のいつもの日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.