読んだ本メモメモ~昨夜のカレー、明日のパン

ちょっと前に読んだ本メモメモ

・木皿 泉 昨夜のカレー、明日のパン

美味しそうな題名につられ・・・たわけじゃないけれど(いやほんとは少しw
大好きなすいかの脚本家のはじめての小説だと知り図書館で予約して読んだ。

義父をギフ、と表現するところに最初はタイプじゃないかも、と思ったけれど、
読み進めていくとそんな違和感は全く無くなった。
連作長編小説で、章ごとに嫁のテツコとギフとその周辺の人々と、と視点が変わる。
みんな、現状を受け入れたり、変化を受け入れたり、ちょっと前に進んだり。
その全てが丁寧でやさしくて、読んでるこちらもいやされるような。

そして美味しそうな題名だけどカレーもパンも、切ないエピソードのアイテムだった。

で、これはドラマにもなってたんだね、ドラマが先だったのかな?
まだ見ていないけど、ギフ役は鹿賀丈史だったんだ。
私の勝手なイメージは(もう少し口数が少ない)大竹まことだった。w

DVDも面白そうなのでいつか見たいな。覚えておこう。

■2016年読んだ本メモメモ
・角田光代 薄闇シルエット
・奥田 英朗 イン・ザ・プール
・奥田 英朗 空中ブランコ
・西 加奈子 漁港の肉子ちゃん
・木皿 泉 昨夜のカレー、明日のパン< ------------------------------------------------------------- 拍手コメント楽しく読ませていただいてます。┏o┏o┏o いつもありがとうございます。┏o┏o┏o 日記・雑談(その他)ブログランキングへ
40代 自分らしさランキングへ