録画しているドラマを途中までいっき見&感想~ドラマ10 群青領域~

最近興味そそられる海外ドラマも無いし、有料の配信サービスに入ってまで見たいものも無いし・・と、秋から開始の日本のドラマをいくつか適当に録画してます。

録画してるのは

・ドラマ10 群青領域
・日曜劇場 日本沈没-希望の人-
・真犯人フラグ

・・の3つ。

一気に見たい派なのでまだどれも手を付けてなかったんだけど昨日、群青領域を4話分見た。

スポンサーリンク

ドラマ10、群青領域の感想(一部ネタバレ&4話まで)

群青領域
超絶的な人気を誇る5ピースバンド「Indigo AREA」のメンバー、主人公・キム・ジュニ。 彼女の過去には挫折と深い傷があった。そして、恋人でもあったボーカルの突然の脱退宣言。 消えてしまいたいほどのショックを受けたジュニは、SNSの標的にもなり、音楽さえも怖くなり、全て投げ出し海へ逃げる。 海辺の町で、ジュニ...

主人公キム・ジュニ役の女優さんを知らなくて、最初「メイクしてないイモトアヤコさん」?と疑っちゃったよ。眉毛だよ眉毛。w

そして何だか昭和ドラマみたいな雰囲気だったけど、なかなか面白くて4話立て続けに見る。

そして、ジュニが海辺の町で出会った下宿のおばあちゃん「たえさん」のセリフがうっかり心に沁みてしまう。

朝が来たら、窓をあける。
花にも水をやっておくれ。
ごはんをちゃんと食べて、夜が来たら、ぐっすり眠る。
それだけ出来れば上出来だから、ちゃんと暮らしていくんだよ。

ほんとね、心が疲れてる時、色々ぐちゃぐちゃになる事ってある。
でも、朝がきたら窓をあけ、ごはん食べて寝てそれだけで上出来、って言われたらすごく救われる。

そしてそういう日々の普通の暮らしが自分を整えてくれるんだよなあと。
ちゃんと暮らすから平常心になるし、でもその「ちゃんと」というのは特別な事じゃなくて、ただただ日常なんだよなと。

日々、失敗したとか変な事言っちゃったとかさ、小さい事にくよくよしちゃう時もあるんだけど、うん、そうだよな。

ちゃんと暮らしてるっしょ、それだけでもワシ上出来だ。

ドラマ10 群青領域は毎週金曜、夜10時~10時44分までですでに4回放送されています。残り6回、見逃した方はNHKオンデマンドか、U-NEXTで「NHKまるごと見放題パック」で見れます。

残り6話、楽しみ。また溜めてから一気に見るつもり。