鼻から胃カメラ初体験と、医療費と

5/2の月曜、人生初の鼻からの胃カメラを受けて我が胃の無事を確認してきました。

胃カメラを受けるはめになった理由は、その一週間前の大腸がん術後の定期検査のCTでCT画像で胃の壁が厚いのが気になるから胃カメラを受けませんかと主治医に言われたからでした。

大腸がん手術後3年と半年目の検診と、胃カメラ予約と
今日は大腸がんの腹腔鏡手術から3年と半年目の定期検査の日。 大腸がんステージ3aの私の場合、術後5年間は30~40%の再発確率があるため3ヵ月毎に検...

怖かったけど、ずっと心配しつつ避けていたので覚悟を決めました。
母がピロリ保菌者(除菌済)だったので高確率で私もピロリいるのではと心配してたのもあります。

で、受けると決めたら3か月後の定期検査までなんて待ってられん=3

・・・と、嫌な事はさっさと終わらそうと最短で予約。

その一週間、最悪なケースも考え悶々と過ごし、当日はもう、はよ結果を教えて!という気持ちで行ってきました。

スポンサーリンク

初めての鼻から胃カメラ体験

前日まで

前日は20時までに食事をとり、その後は固形物はNGで、水、お茶、スポーツドリンクはOK。
もちろんアルコールはダメじゃろとノンアルビアでさっさと寝ました。寝れました。w

検査当日

検査は9時で、その1時間前までに水、お茶、スポーツドリンクを200ml~400ml飲むようにと。

でも大腸カメラと違い下剤も飲まなくて良いし、服も着替えなくていいので大腸カメラより支度?も楽です。

検査20分前

病院に着くと、検査20分前に「胃の中を見やすくするためのシロップ」を飲みました。一口ぐらいの量で、パッと飲んだけど特別不快でもありませんでした。

そして検査へ

検査準備は

予約時間になり名前を呼ばれ、検査室へ入る。ちょっと緊張してきた。

今回は鼻からなので、まず両方の鼻に何かの液体(説明受けたけど忘れた!)を片方ずつ流し込むとの事。

検査台に腰かけた状態で少し上を向き、鼻の下にティッシュをスタンバイした状態で、看護師さんが片方ずつ、両方の鼻に液体を流してくれました。

それが終わった後、今度は喉の麻酔も鼻から入れました。
これは、入れたらすぐ喉に違和感(つばが飲み込みにくいとか)を感じ、味も苦くて嫌な味がした。

そして、どっちの鼻がいいかと看護師さんと話し、左から鼻血が出やすいので右からにしてもらいました。でも検査が始まり、もし鼻から入りにくい場合は口からに変更になる場合もあると言われました。

もう、まな板の鯉の心境なのでもう全てお任せするしかないですな・・と、検査台に横になり先生を待つ体制に。

そしてここで気付く、あれ?鎮静剤無いの!?

事前にもらった説明書に、鎮静剤を使用する旨があったので慌てて看護師さんに聞くと

鼻からの場合は鎮静剤を使用しないというのです。えっ!

でもそういう事なら多分大丈夫なんだろと思い、「使用しなくても痛みに違いが無いなら大丈夫です」と看護師さんとやり取りした結果、

もし辛かったらすぐ鎮静剤を入れられるように血管だけ確保、という事にしてもらいました。ありがたや。。

うん、出来るだけ怖い思いはしたくないのでヘタレ上等で(汗

そしてそんなこんなで先生登場。
若くも無く、かといって年配過ぎるでも無い、ちょうど良いぐらいのw先生に少しホッ。

そして検査台に横向き(右上)に寝た状態でいざ、検査が始まりました(汗)

検査スタート!

そしていよいよ鼻からカメラが入り、違和感ありありで緊張が走る。
でも看護師さんがずっと背中をサスサスとさすってくれて、今喉ですよ、今超えたので楽になりますよ、肩の力抜いて、とかずっと声を掛けてくれたのがすごく安心できてよかった。

確かに一番つらかったのは最初の導入から喉を超えた辺りで、それも痛いというより「ものすごい違和感」という感じ。

20数年前に口から胃カメラした時は、おえっ、という嘔吐反射がすごくてよだれダラダラ涙ダラダラだったけど、今回は涙もよだれも出ず!(つかよだれは飲み込まず出してね、と言われたけどほぼ出なかった!)

もちろん、辛いわけではないけれど途中(あれ、もしかして私このまま寝れるかも?w)と思うぐらいだったので、20数年前に口から胃カメラした時とは天と地ぐらいの差はありました。

でも結局最初から最後まで目をつぶって微動だにできず(動いてどっかに当たったら痛いかも?と思ってw)、検査の最中にモニターを見る事はできなかったのでした。

そして時計も見れば良かったのに見れず!でも5分ぐらいだったのかなと思います。

胃カメラを抜く時も痛さも無く、ただただ、あまり経験した事の無い「異物が入る違和感が気持ち悪い」ぐらいで検査は終わったのでありました。

検査終了後、結果は・・

検査中にモニターを見れなかったので(配置的にも見れなかった)、不安な気持ちだったけど、検査してくれたお医者さんがその場ですぐに結果を説明してくれました。

結果・・・・何の問題もなく、ピロリも陰性!

・小さいポリープがあるけど、年齢とともに出てくる良性のだから気にしなくていい
・出口に軽い胃炎(赤い筋)があるけれど、軽いので薬を出すまでも無い
ピロリも陰性\(^o^)/ (※見た目で判断できるようです)

そして鎮静剤を使った場合は30分ほど休む必要があるのですがそれも無く、当日車の運転も大丈夫との事。良い事ずくめでした。

検査後も喉の痛みなども全く無く、1時間ぐらいで喉の麻酔もとれるので飲食もOKと言われました。

鼻から胃カメラの感想

もし口からやって辛くて怖くてもう嫌だ!と思ってる人なら、鼻からの方が全然楽だと思います。もちろん気持ちの良い物ではないけれど、おえっ、という反射嘔吐が全くなかったしずっと辛い!という感じではありませんでした。もしまたどうしてもやらなきゃいけなくなったら、私は絶対また鼻からにします。

でも胃カメラ自体初めてなら、全然楽!とは思わないかな。違和感ありありだし、でも病院により、完全に寝た状態で出来るところもあるし(しかも鼻から)、恐怖感が先に立つならそういう手もありだと!

あとは、病院を選ぶなら症例数の多いところを選ぶとやっぱり先生が上手だと思います。

胃カメラ検査でかかった費用

———計4,700円

あれ?安い?と思ったけれど、この検査自体が大腸がんの定期検査からのスクリーニング検査だったからだと思います

病院にもらった説明書では、費用は以下のように書かれていました。

胃カメラのみ 7,000円前後(3割負担)
+病理組織を採取すると 1万円前後(3割負担)
+ピロリ菌を調べると 1万円前後(3割負担)

ご参考になればと思います!

コメント

  1. モルツ より:

    ゆりちゃん今晩は。

    大した事無くて良かったね、本当に良かった。
    これから桜も過ぎて梅雨の無い北海道も良い季節になると思うので無理ない範囲で楽しんで行きましょう。
    ・・弟の奥さんは某31店長で忙しい娘なので、今回の帰省は弟だけでしたよ。
    サバサバして面白い娘なんだけど、今回は3バカ兄弟のみで呑んでました。
    その場にお袋も親父も居ない違和感を感じながらの黒霧島の緑茶割りは・・旨かったッス(笑

    • yurimiso より:

      モルツさん、こんばんは。
      ありがとうございます、結果なんともなくて何だか生き返ったような気分になりました。

      そして兄弟三人で飲んだんですね、良いですね!
      きっとご両親も喜んでるでしょうね。

  2. シング より:

    こんばんは(^^)
    以前もコメントさせてもらいました。

    胃カメラお疲れ様でした!
    ブログ見ながら勝手に私もドキドキしてて。
    でも異常なくて、本当によかったです!
    私も中3の時に口から胃カメラしました。先生から上手だねって言われたんですけど、あれから、28年胃カメラはしてません…(^^)大人になると怖さが
    …。でもゆりみそさん、何にもなくて良かったです!
    健康第一ですね(^。^)

    • yurimiso より:

      シングさんこんばんは、お久しぶりです(^-^)

      ありがとうございます、本当に何にもなくて良かったです。
      それよりシングさん、中3の時に口から胃カメラなんて辛かっただろうに先生に褒められるぐらい落ち着いて受けれたんですね、強い!
      私しゃ20代の頃にもう大騒ぎして大変で、今回も大騒ぎて恥ずかしい!笑
      でもそれから胃カメラしてないという事は不調も無いという事ですね(^-^)
      うんうん、健康第一ですね。お互い大事にしましょうね。