2022年、読んだ本メモメモ

今月は実家と自宅を行き来してて忙しい。

その忙しい中、図書館で予約していた本の順番が回ってきた。
忙しすぎて流そうかと思ったけれど、予約してから1年ぐらいかかったからまた読めるの1年後?

と、思い直して借りて読み、すぐ返しましたv

あやうく一生懸命生きるところだった (著)ハ・ワン

タイトル、そして脱力系のイラストから想像する通りの内容のエッセイ。
以前コメントでお勧めしていただいて、アマゾンの評価も良いので読むのを楽しみにしてました。

何と戦ってる?というあたりや、なんで結婚しないの?という話まで、わかりすぎるほどわかる。私もなんで結婚しないの?と言う質問について過去に語った事がw

なんで結婚しないの?と
久々に直球ストレートな質問をされた。 1・しないも何も、今付き合ってる人が居ない。 2・結婚したいと思う・思われるが一致する相手に出会えなかった。 ...

同じ場面に遭遇した筆者は、

必要ないものを購入しない人に「何故買わないのか?」と聞くようなものじゃないか

と書いていた。わかるわー。

そして何故こちらが説明をする責任があるのかと。
なんでこっちがそれに対して釈明しなきゃいけないのだと。わかるわー。(繰り返す

・・・でも、筆者は40代目前で会社を辞め・・とあったけど、50代に入るともうそんな質問してくる人はまず居ないから大丈夫よw

私自身も40前後に会社を辞めたので、色んな話題に共感しかなかったです。
そして、なんかちょっとその頃の自分を懐かしく思い出したりして。

コメント

  1. チエゾー より:

    ゆりみそさん、こんばんは。バイト掛け持ちおつかれさまです。おかんジャングルの人参の出来はいかがでしょうか。
    この本、気になってました。パルコの無印の書籍コーナーで見かけて。著名な精神科医がおすすめらしく。ゆりみそさんの感想を読んで、さらに面白そうだなと思いました。書評ありがとうございました。長距離の(?)運転お気をつけて。

    • yurimiso より:

      チエゾーさんこんばんは。
      著名な精神科医がおすすめしてるんですね。
      アマゾンを見ると「共感、感動、絶賛の声続々!」とありますが私は感動は無かったけどひたすら共感でした。ぜひ機械があれば!