ゆりみそ@独身女のいつもの日記

一人暮らしの日々の好きな事とか物とか。

大腸がん検査と結果と

大腸がん~11/6・入院5日目(手術翌日)

投稿日:

2018/11/6、入院5日目・手術翌日の記録です。
(後日記録しています)

前回までの記事はこちらです。

11/6(火)・入院5日目・手術翌日

ICU(集中治療室)にて一泊。
お腹の痛みは薬で感じなくなったけど、夜中の騒音で小刻みにしか寝れず。

起床時間の6時、看護師さんが来て「昨日うるさかったでしょ」と。はい。笑
でも、入院してるんだから夜じゃなくて一日中、寝るチャンスはあるし大丈夫ですよ。

体調は、昨日の時点で左右に寝返りを打つのは何とかクリアしたけれど、
手術翌日の今日はベッドの上半身部分を上げて半起きの状態で、
看護師さんに介助してもらいつつ歯磨き(受け皿に出す)をしたり、
熱いタオル(持参したタオルを使ってくれる)を顔を拭いたり。

その後? ああ、もう記憶があいまいで前後が不明だけど。

別な看護師さん?ヘルパーさん?が来て、全身をタオルで拭いてくれた。
紙パンツも卒業で脱がせてくれた上、ぬるま湯で流して拭いてくれてサッパリ。
その後、持参した下着+尿取りパットを履かせてもらう。

※尿取りパットは、お尻の管から出てくる色々をキャッチ&チェツク
 (血が出てないかとか)のために必要です。
※量が少なったので尿取りパットから後日、生理用ナプキン(夜用)に変更しました。

もう、介護される老人の気分ですがただただ、看護師さんは天使ですなと。

そして用意していった下着@ユニクロシームレスに20代の看護師さんが反応w

( ゚Д゚)「あっ!このパンツ、よく見るんですよ!良いんですか?」

というので、ユニクロのシームレスパンツがいかに素晴らしいかを力説。w
正しいユニクラー。w

そして足(ふくらはぎ)で稼働していた血栓を予防するためのフットマッサージャーが取り外された。

履いていた着圧ソックスも脱がしてくれて、締め付け部分が少し痒くなっていたので助かった!
・・と言ったら、看護師さんが足をさすってくれた。
やっぱり看護師さん、天使ですよ。羽生えてる。

その後、テレビを見るのに上半身だけベッドを上げた姿勢になるも、
30分もすると肩が激しくこるし、胸がむかむかしてくる。

なので看護師さんを呼び寝た体制→収まったらまた上半身を上げて、を繰り返す。

後で教えていただいた話では、腹腔鏡の手術の際に入れたガスは肩から抜けるようで、
肩がこるのはガス抜け痛、という理由もあるようです。

10:00 ベッドの上に起き上がって座る

そんな繰り返しの後、心電図、血圧計、酸素の値を測るクリップが外され、
起き上がってベッドに腰かけてみましょうと。

手術後、翌日にすぐ歩かされると聞いていたので覚悟はしていたけれど、
まず、起き上がるにも腹筋を使うので痛くて動きがゆっくりになる。

何とか起き上がり、手術後初でお水を少し飲む。

そしてそこから看護師さんの介助を受けつつ立ち上がり、
尿の管、背中に硬膜外麻酔、点滴、そしてお尻には管(汗)をつけながらw
点滴のガラガラを押してICUの廊下をゆっくり歩く。

あ、ゆっくりなら全然、痛みも無く歩けるよ。

ただ、気持ち的に怖いのでどうしても背中を丸めてしまう。
まあ手術の翌日だ、シャキッと正しい姿勢で歩く方がおかしいかもね。w

手術の翌日からすぐ歩かされるのは、動かないと、術後の傷が癒着しやすくなるからです。
痛みが和らいでいる時はむしろ積極的に動きお腹(腸)を動かしてあげる事が、
自然な腸蠕動復活の助けになり、腸の癒着や腸閉塞の予防になるそうです。

そんな感じでICUを2往復した後、大丈夫そうなので一般病棟に戻りましょうと。

10:30 一般病棟に戻る

ICUの吉沢亮そっくりの21歳(←色々調査したw)の看護師さんが荷物を持ってくれて、
点滴をガラガラと引きずり一般病棟まで歩いて戻る。

※写真はイメージ画像で実際の病棟ではありません

歩いて戻ると看護師さんに Σ(゚Д゚;)「わっ!すごい元気だっ!」と驚かれる。

え。そうなの?。と思いつつここでICUの看護師さんとお別れ(寂)。
本当はICUじゃなくて手術室の看護師さんになりたいと言っていた。がんばっ!

そして部屋に戻り、荷物を整理したり、看護師さんの付き添いなく一人で歩いたり。
だって歩いた方が回復が早いっていうから。早く治った方が良いし!

と、ガラガラと点滴を引きずり夜までに数回、一人で病棟を周回。
つか、他の人は看護師さんが付き添ってるのに、なんで私は放置なんだ(汗)

ん、まあ、一人でも全然歩けたんだけどね。笑

この時はお尻の管の痛みも気にならず。
でもすぐお腹がパンパンに張ったり、肩のアタリがギシギシと痛くなる。ガス抜け痛?

20:00 38℃近くの熱が出る

そんなこんなで歩いたり、横になったりしてたら夜。

毎夜20時ぐらいのルーティンの看護師さんの検温時、
普段は36.5℃ぐらいの体温が37.9℃と微熱が出ていたので
看護師さんがアイスノンを持ってきてくれた。

一晩寝たら、翌日にはすっかり熱も下がっていました。

次は大腸がん~入院7日目~に続きます!


大腸がんランキング

前回までの記事はこちらですv

もしかして大腸がん?検査で引っかかった話~はじめに~
大腸内視鏡検査~その1~検査を受けるきっかけ・検査前日
大腸内視鏡検査~その2~検査前日~当日の診断
大腸内視鏡検査~その3~小さいポリープの病理診断結果
大腸内視鏡検査~その4~紹介先の病院で受診
大腸内視鏡検査~その5~2回目の大腸内視鏡検査
大腸内視鏡検査~その6~大きいポリープの病理診断結果
大腸がん~その7~入院までの検査
大腸がん~その8~入院までの準備
大腸がん~11/2・入院1日目
大腸がん~11/3・入院2日目
大腸がん~11/4・入院3日目
大腸がん~11/5・入院4日目(手術当日)

レクタングル大

レクタングル大

ランキングリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

-大腸がん検査と結果と

Copyright© ゆりみそ@独身女のいつもの日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.